2020年03月18日

こんな時だから、お家でピアノを弾こう! 6 反対方向に動かす



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

お家でピアノを弾こう 6


先週は、左右の手を使った簡単な、両手奏の仕方をご紹介しましたが、
簡単に両手で弾く方法は、もう一つあります。

それは、左右を鏡に映したように、正反対に動かす方法です。

これは、指の作りが、右手は、左から親指、人差し指と12345の順番になっていますが、
左手は、逆に右から親指、人差し指と右から12345と、生えているからです。

つまり、両手で同時にドレミファソラシドと弾くのは、
ちょっと難しく感じる人もいると思いますが、
鏡に映ったように、
右がドレミファソラシドと弾くときに、
左は、ドシラソファミレドと動かした方が、
同じ指同士を動かすので、断然、弾きやすくなります。

指変えの位置も同じになるので、弾きやすいはずです。

この性質を利用した曲は、結構あります。
カバレフスキー?の「ハリネズミ」という曲は、ドミソミレファラというメロディー
ですが、左手は、ドラファラシソミという風に、完全に、真逆に動きます。
このまま、ずっと最後まで行きます。

「トトトの歌」も、少し違う箇所もありますが、大体
左右が、反対方向に動きます。

こういう曲を探して、弾いてみると、
簡単ですから、やってみてください。



教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 22:01| 山口 ☀| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

こんな時だから、お家でピアノを弾こう! 5 黒鍵を使った2度のハモリ



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

お家でピアノを弾こう 5


今日は、2度を使う方法をご紹介します。
2度というのも、不協和音ですが、
こちらは、楽しい感じの時に、使われることが多い音程です。
汽車のポーッポーとか。

2度を重ねると、
メリーさんなら、
レードシドレレ〜と、なりますが、
単純に、白鍵のだけで、重ねると楽しくありません。

これは、長二度重ねになるので、単純すぎなんです。
こういう時は、単二度といって、同じ二度でも、半音狭くした2度にした方が、
重し目くなります。

つまり、重ねるほうが、黒鍵になるんです。
シは、黒鍵がないので、元々単3度なのでそのままです。

こういうと、ちょっと難しい。
と、思う方がいるかもしれませんが、片方を黒鍵にするだけです。
やってみてください。

本当は、3度も6度も、どの音程も、長い長三度短い単三度と、
細かく言うと、まだまだ色々あるんですが、
(そのせいで明るい3度になったり暗い3度になったりする。
怪しい感じになったりもする。)

同じ音程の中でも、微妙に長さが違ってくるわけです。
それが、和音の性格につながるわけです。

それは、白鍵と黒鍵があるからです。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 12:00| 山口 ☁| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

こんな時だから、お家でピアノを弾こう! 4 こんな響きも面白い



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

お家でピアノを弾こう 4


3度と6度のハモリの伴奏について、書いてきたので、
ついでに、音程について書きます。

音程は、1度 2度 3度と、準場に幅を広げていけば、8度まであります。
8度と1度は同じです。

3度と6度は、心地よいハーモニーになりますが、
4度と5度は、不協和音になるので、
昔ながらの和声では、嫌われて、連続して使ってはいけないことになっています。

しかし、近現代曲では、
「その響きもいい」
という人が、出てきて、あえて、多用する曲もあります。

どんな感じになるか、
メリーさんの羊で、やってみるのもいいでしょう。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 22:00| 山口 ☁| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする