2020年01月03日

新年おめでとうございます・・・良い音楽を聴くことが原点に



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

原点は、トムとジェリー


新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

早いもので、もう新年も3日たちました。
いつもの事ですが、今のうちにやっておこうと、音作りなどして、
正月らしく過ごしていません。

が、ひとつ気が付いたことがあったので、書きます。
1日の午前中、ほんのちょっとですが、
NHKの「らららクラシック」という番組の再放送を見ました。

懐かしい「トムとジェリー」の映像が流れたので、
立ち止まってみてしまったのです。

「トムとジェリー」は、大好きなアニメで、
何度も子供のころ、繰り返してみました。
この日も、ちらっと見た一場面で、すぐに話の流れがわかりました。

番組では、
「トムとジェリー」の音楽や効果音についての話をしていました。

「トムとジェリー」では、効果音はすべて、楽器の音でやっていたそうです。
木から、滑り落ちるときは、クラリネットを使って、
あるときは、シンバルだったり、
そういえば、登場人物は、しゃべらずに、動きと音だけでした。

それでも、ちゃんと話は通じていたし、とても面白かった。

クラシックの名曲を使った話も多かったですね。
ヨハンシュトラウスのワルツとか、
ハンガリー狂詩曲とか、
そういう名曲をたくさん使ってくれていたので、
知らないうちに自然と、耳から覚えていたのだと、気が付きました。

そして、今でも曲を練習しているときに、
この部分は、こんな感じ。
と、イメージが浮かんでくるのは、
もしかしたら、「トムとジェリー」の影響だったのかもしりないな。
と、思いました。

ブラッドリーのオリジナル曲も使われており、
今注目されているようです。


大きなスクリーンに、「トムとジェリー」のアニメを映し、
その前で、生で演奏するというコンサートも、最近やっているようです。
機会があったら、行ってみたいですね。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 16:19| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: