2019年10月12日

ZOOMを通したピアノの音は、どのくらいなら大丈夫なのか 2



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

ZOOMを通したピアノの音は、どのくらいなら大丈夫なのか


前回の続きです。
ZOOMを通したピアノの音は、どのくらいなら大丈夫なのか
調べてみました。

ZOOMの設定で、ステレオにしたり、音質を変えない。
という項目がありますが、それを設定すると、高い音が、金属音に変わるのは、
多少抑えられるようです。

しかし、低音は、変化がありませんでした。
低音は、音が途切れる。
伸ばしていても、きれて聞こえる。
変な音になる。

と、ダメージが大きいと感じました。

やはり、発表会の録音を聴いてみてもわかりますが、
機械は、低音を拾うのが苦手のようです。
機材にダメージがかからないように、カットしてしまうように
出来ているのかもしれません。

カメラ自体もそうですが、
ZOOMは、会議での会話がメインのアプリなので、
高音や低音を拾う必要がないので、真ん中あたりの音を程々に拾えば、
それでよし。
となっているのでしょう。

これをウエブレッスンで使うとなると、
それなりのマイクなど、こちらも、受講する側も、
用意する必要がありそうです。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
ラベル: ピアノ zoom
posted by K.K. at 20:00| 山口 ☀| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: