2019年05月31日

「白い巨塔」の音楽について



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

白い巨塔 5


やはり、音楽は、気になります。
今回、劇中で流れていた音楽は、とてもスケールの大きい感じがしました。
かなり、頑張って作曲し、演奏されたものだったのではと、
思います。力作です。

しかし、全然、メロディーが、思い出せないのです。
これっぼっちも。
老化現象でしょうか?
誰が作ったんだろうと、気にもなってきません。

確かに、大曲でしたが、
でも、このドラマでなくてもいい感じがします。


それに比べて、田宮二郎版の「白い巨塔」の音楽は、
定番といっていいのではないでしょうか。
もう物語とペアになっていて、切っても切れない関係です。

例えば、水戸黄門ならあれ。
銭形平次だったらそれ。
ルパン、巨人の星。ゲゲゲの鬼太郎。

他にもあるとは思いますが、音楽を聴いただけで、
物語が、浮かぶ曲があります。

そういう曲は、もうツーカーの関係になってしまっていて、
差し置いて、違うものを持ってくるのは、
なかなか厳しいと思います。

「白い巨塔」の場合、
渡辺岳夫さんが作曲した「財前教授の総回診が始まります」で始まるこのテーマ曲は
絶品で、文句のつけどころのない、名曲です。
これ程までに、ドラマにマッチしている曲を超えるものを作ることは、
難しいのではないでしょうか。

このテーマ曲のすごいところはは、いきなり、「シー」とシの音が一小節半も
のびるところです。
しかも低音で、玄の音がピッタリ合っています。

調性は、ハ長調。
なのに、シで始まるのです。
つまり、CM7なのです。

かなり思い切った、始まり方でが、。
この伸びたシの音の中に、色々な想いを感じることができます。
とても、不安な気持ち。
なにか、不吉なことが起こりそうな。
しかし、「シトーシソ」と、ちょっと動いた後に、思いっきり、飛躍します。
ラドソミーと。

その飛躍の中に、絶対に「勝って見せる」という強い意志も感じます。
一つ一つの無駄のない動きの中に、
はかなさや切なさ。

人の心のひだのような、細やかな変化を感じることができ、
ほんとに素晴らしい曲だと思います。
この曲に、かなうテーマは、ないと思います。
ずっと、残っていく曲だと感じます。

もし、勇気がある人がいたら、
次にリメイクしたときは、このテーマを今の世に合うように、
よみがえらせてほしいと、心から願っています。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ラベル:白い巨塔
posted by K.K. at 00:10| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: