2017年01月08日

新年のごあいさつ・・・騒音とは?



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

新年のごあいさつ

今年になって、はやくも一週間がすぎました。
今日で、やっとエレクトーンのデータが、全曲出来上がりました。
ものすごく大変な曲が二曲ありまして、
やっていると、自分の脳が疲れて、ミスをしているのか?
エレクトーンが疲れて、狂ってきているのか?
データが、ごちゃごちゃになってしまう。
という、事件が何度も起こり、本当に疲れました。

大曲は、たくさんメモリー番号を使うので、
ソングがまたがってしまい、そこでミスや楽器自体の勘違いが、
おこりやすくなるのです。

一曲仕上がるのに、一週間以上かかることもあります。
市販のデータを買ってきて、弾くだけでは、わからないと思いますが、
何もないところから、一から、作り出していくことは、
とても大変な作業なのです。

ところで、最近、世の中が音に対して、とてもナーバスになっているようで、
音を出す仕事をしていると、気になります。

なんでも、除夜の鐘が、「うるさい」という事で、
取りやめになってきているそうで、
それは、都会の話だろうと思っていたら、
なんと、家の近所でも、なりませんでした。

あれが、ないと、大晦日の厳かな感じがせず、
「今年も終わっていくんだなー」というしんみり感がなく、
普通の一日の終わりでした。

幼稚園や保育園の子供の声がうるさい。
とか、
そういって、施設をつくることに反対しているところもあるそうです。

風情とか、思いやりとか、
人の心にゆとりがあれば、鐘の音も子供の元気な声も、
全然気にならないのに、
世の中、ぎすぎすしてきているのでしょうか。

確かに、季節が終わっても、ずっとつるしてある風鈴など、
気を付けなければ、
うるさいだけのものになってしまいますが、
まったく、音がしない。
というのも、かえって疲れるものなのにな。
と、知人のマンションに行ったときに、思いました。

ピアノの音も、何度も、同じところを練習したり、
最初の突っかかってばかりいる音を耳るすると、
イライラする方もいるかもしれませんが、
練習する時間帯など、きっとみんな考えて、
練習していると思うので、どうか、暖かい目で、
見守ってほしいな。
と、思います。

そんな事を考えながら、今年も一年、よろしくお願いします。



教室のHPはこちらから、ご覧になれます。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 22:07| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: