2015年08月23日

ピアノコンクールの選曲をしています!



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

ピアノコンクールの選曲をしています

今年度からヤマハのピアノコンクールが変わりました。
今年から、課題曲が出来、制限時間の中で、
自由曲を選ばなければならなくなりました。
時期も、一月となり丁度、発表会の曲を練習しているときなりで、
出られる人がいるかどうか、微妙なのですが、
出られそうな感じの人を想定して、曲選びをしています。
なかなか大変です。

課題曲も3曲のうちの選択制。
Aちゃんだったらこっちが合うけど、
Bちゃんならこっちが有利。
という事もあります。

選んだ、課題曲によって、自由曲の選べる時間も、
組み合わせの雰囲気も、変わります。

又、エレクトーンのように、リズムがないので、
同じ曲でも、人によってタイムは変わりますし、
同じ人でも、緊張したり、状況によって、多少の誤差は生まれるので、
それを考慮しながら、考えなければいけません。
その中で、その子の力が発揮できる曲を選ぶことは、
大変難しい作業です。
考えていると、神経衰弱になってしまいそうです。

でも、最近は、YouTubeを見ると、大体の時間がわかりますし、
本当に助かります。
また、YouTubeは、今まで知らなかった曲でも、
聴きごたえのある得な曲を探す参考にもなります。
その反面、情報が多くなると、迷いも多くなり、
やみくもに聴いても時間の無駄遣いにもなってしまいますので、
聴きたいものを絞る事も大切になるのですが・・

又、最近は、著作権の切れた楽譜は、
無料でダウンロードできるので、助かります!!
いいな。
と思っても、弾いてみるまでは、レベルはわかりにくいものです。
それをいちいち、購入していたら、大変な事になってしまいますから、
ちょっと、どんな曲か、見てみたい時は、助かりますねー
昔は、考えられない事です。

ネットのない時代は、無駄な楽譜をたくさん買ってしまい、
後で後悔したものです。

今回、合わせて発表会に使えそうな曲も、ピックアップしてみました。

YouTubeにある演奏は、いいものばかりとは限りませんが、
他人の様子を見ていると、姿勢や腕の使い方の勉強にもなります。

楽譜を探して、ダウンロード、印刷。
という作業も大変ですが、
楽譜を見ながら、聴くこともいい勉強になります。

こうして、ネット社会になって、情報がたくさん入ってくることで、
昔は知りえなかった、海外の作品も聴けるようになり、
楽譜もすぐに手に入り、ありがたいと思います。

もし、ずっとアナログな形で、教室をやっていたら、
古い知識で、同じものしか、生徒さんに与えていく事しかできません。
世の中の進歩についていく事は、重要な事なんだな。
と、日々感じています。



教室のHPはこちらから、ご覧になってください。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 11:46| 山口 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: