2015年01月16日

起業と自由・・自由が自由らしくあること?



下関ピアノ・エレクトーン教室

起業と自由・・自由が自由らしくあること?

ここから、起業の落とし穴について、私なりの考え、
そして、音楽や教育にも関係あることについて、書いてみます。

起業というのは「好きこそものの上手なれ」
好きな事だからどんどんやれる。
会社組織に縛られない自由さが、成功の決めてだと思います。
が、実は逆の発想で成功している会社もあります。
会社の名前は忘れましたが、
その会社は、朝会社に来た時から、決まりがたくさんあります。
朝の朝礼で何をするとか、
どういう服装だとか。

さぞ、働いている人は、窮屈だろう。
と、思いますが、逆にみんな明るくのびのびしています。
なぜかと言うと、
決まっていることがきちんとしているので、
そこから自分がやることを考えればいいから楽だという事です。

これは、実は「自由」というものの本質を表しています。
例えば、学校で、作文を書いてきなさい。
という宿題が出たとします。
すると、子供は、何について書こうかと、テーマを決めるまでに
かなり悩みます。
それだけで、何時間も費やしてしまう子もいるかもしれません。
しかし、「友達について書きましょう」
という、お題があっだとしたら、そんなに悩まずに
書き始める事が出来るでしょう。

ひとは、ある程度の枠があった方が、
実は動きやすいのだという事がわかります。

自由すぎると、何をやっていいのかわからない。
しかし、枠も厳しすぎると、動けなくなってしまう。
「顔にほくろのある友達について書きましょう。」
では、困ってしまいます。

枠がないところでは、
よほど強いマインド、意志、行動力がなければ、
自由は、自由である意味を。力を発揮できない。
という事です。

これらの事、ピアノや教育と関係ない事のようですが、
実は、大切な事なのです!
(つづく)


教室のHPは、こちらからどうぞ
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
ラベル:自由 起業
posted by K.K. at 20:55| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: