2012年05月17日

運の強さを感じる時



下関ピアノ・エレクトーン教室

運の強さを感じる時

今日で、インコのぺぺちゃんがうちに来て、14年目を
むかえました。

もうすっかり、おじいちゃんになり、
殆ど寝てばかりですが、
食欲は、あります。

こんなに長生きしてくれるとは、
思いませんでした。

一方で、とても悲しいことがありました。
ある教室の軒下にツバメが巣をつくり、
毎年ひなを育てています。

今年も、五羽のひながかえり、元気に
顔を出すのを毎週ほほえましく、見ていました。

ところが、火曜日いってみると、
四羽が下に落ち、近所の人がかわいそうに思ったのでしょう、
タオルの上にのせてあるのを見つけました。

二羽は、すでに動かなくなっていました。
どうしてこんなことに?
と思って、巣を見ると、大きく破れていました。
どうも、ひなたちが大きくなり、
みんなで、餌をねだって、前に寄りかかるうちに、
重さに耐えられなくなって、巣が崩れてしまったようでした。

後、一週間もすれば、みんな飛び立てるくらいに
なっていたのに、なんていう悲劇でしょう!

落ちた時、そばにいたら、なんとしてでも、
助けてやったのに、悔しくて仕方がありません。

残りの一羽は、今にも落ちそうなのに、
破れた巣の中で、行ったりきたりしていて、
ひやひやしました。

この子だけでも、助かってくれればいいのですが、
どうなったでしょう。

運よく、私についてきた、野良猫だったルルちゃんは、
ぬくぬくとうちのなかで暮らしています。
ちょっとした、運命のいたずらで、
長生きできたり、短い命になったり、
紙一重の差なんだけどな。
と、しみじみと、感じています。




体験のお申し込みは、こちらからどうぞ

教室のHPは、こちらからどうぞ
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関

携帯サイトはこちらからです
レトルピアノ・エレクトーン教室携帯サイト



ラベル:小鳥 運命
posted by K.K. at 22:08| 山口 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁぁぁ〜
何という悲劇!
巣が壊れる事ってあるんですね・・・
残りの2羽はどうなったのか気になるのですが・・・。
我が家は、家を建てたその年にツバメが玄関の真ん前に巣を作りだしたのです。
私は、縁起が良いから喜んでいましたが
なんと同居を始めたの義母さんがホースの水(ジェット水流)をかけて壊しちゃったんです。
なんと惨いことをするんでしょう。
でも、ツバメはまた巣を作り始めたんですね。
ホッとしていたら、また義母が・・・
これには我慢ならず、
「せっかく作っているのだから、見守りましょうよ」
と提案したら、「糞が汚い」と言うので
ハウスメーカーさんにお願いして、巣の下に糞を受ける板を作ってもらったんです。
これで大丈夫〜と思っていたら、巣作りをやめてしまいました(涙)。
その時の残骸は今もそのままです。
いつかまた、懲りずに作りに来てくれたらいいな〜と思っています。
ルルちゃんは本当に幸せなネコちゃんですね。
ルルちゃんも、「この人なら」と直感したんでしょうね。
Posted by kurumi's mama at 2012年05月26日 19:35
落ちた子たちの死骸が、次の日の生徒さんの目に留まると、ショックだろうな。
と、思い、お店の方に、見に行ってもらったら、何もなかったそうです。

たぶん、食べられちゃったんじゃないかって。
残酷ですが、これも自然ですね。


生き物嫌いな人は、見るだけでも、
いやみたいですよ。
人間も同じ、生きものなのに、
と思います。

Posted by レトルピアノ教室 at 2012年05月27日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: