2020年05月20日

「四季の音楽」秋のステージ 1.村祭り 南 能衛



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

秋のステージ 1.村祭り 南 能衛


この曲は、1979年まで、教科書に載っていたそうで、
昭和生まれの私には、とてもなじみのある曲ですが、
最近の子供達は、? という感じのようです。

祭りといえば、夏。
と思い、用意していましたが、よくよく調べると、
秋の収穫を祝った、秋祭り。
つまり、秋の曲でした。

面白いもので、日本人は、豊作だと、神様のおかげ。
雨が降らないと、雨ごい。
と、神頼みになり、
収穫できると、神様に、感謝をささげ、
祭りをする。

ところが、後の曲でもわかりますが、
外人は、収穫できたのは、自分たちが、頑張ったからだ、
という事で、自分だちにご褒美。
この差が、面白いです。

これ差が、コロナの対策にも、現れているのでしょうか?


この曲は、もともとエレクトーンのソロ曲でしたが、
ピアノとのアンサンブルにしてみました。

掛け声も入れてみましたが、ちょっと違う掛け声なので、
文句がある人もいるかもしれないです。
ま、でも楽しい感じには、出来たと思います。



大きい画面は、こちらからご覧ください。

3日ぐらい前に、マウスを使った実験で、
コロナの対策としてのマスクの有効性を示したものを見ました。
それによると、マスクなしのマウスは、三分の二、感染したそうですが、
マスクありのグループは、感染率が15%だったそうです。

といっても、マウス一匹ずつに、マスクをしたわけじゃないですよ。
想像しただけでも、笑えますね。





教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
ラベル:祭り
posted by K.K. at 20:42| 山口 ☁| Comment(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする