2020年05月07日

「四季の音楽」春のステージ 2.「春の声」Op.410 ヨハンシュトラウス二世



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

春のステージ 2.「春の声」Op.410 ヨハンシュトラウス二世



春のステージ
2.「春の声」Op.410 ヨハンシュトラウス二世
この曲も有名な、ヨハンシュトラウス二世、のウインナ・ワルツです。
1882年に書かれました。
ソプラノ歌手のビアンカ・ビアンキのために書かれ、本当は、歌もついています。

この曲をアンサンブルで演奏するにあたって、
エレクトーンの楽譜を使いました。
そこから、伴奏部分をピアノにしました。

音は、売ってあるデータは使わず、オーケストラのスコアを見て、
出来るだけ、本物に忠実に再現しようとしたため、
レジストが増えて、ネクストソングにまたぐ感じとなりました。

すると、休みがあまりなく、
チェンジさせる場所にいいところがなく、
エディットをしていると、ネクストソングに間に合わず、どうしても
一瞬、音が変わってしまうので、悩みました。

演奏は、小学二年生の男女ペアで、頑張ってもらっていましたが、
発表会が調子となり、一度も会う事がなかったので、別々に演奏することにしました。

それが、下の動画です。
ご覧ください。

ピアノパート版

大きい画面は、こちらからご覧ください。



エレクトーンパート版

大きい画面は、こちらからご覧ください。



教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 21:12| 山口 ☀| Comment(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする