2020年01月08日

27年ぶりの本



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

27年ぶりの本


昨日、27年ぶりに友人に、貸していた本が帰ってきました。
とても、嬉しいです。

本を人に貸して、戻ってこない。
という経験は誰にもあると思います。
私も、後、二冊、あります。

が、今回戻ってきた本は、特別思い入れのある本で、
本屋さんで、取り寄せて購入したものでした。
それは、庄司武司先生のエッセーで、講演をきいて、感動し、
購入したものでした。

当時、友人はつらい体験をしたばかりで、少しでも役に立ったらと思って、
お貸ししたのです。
なので余計に、「返して」言いにくく、そのままずるずると歳月が流れました。

年月が流れる中で、あれは、貸したのではなく、差し上げたのだ、
と、思う事もありましたが、もう一度、読んでみたい。
と、思うことがあり、また購入しようにも、もう絶版で、
Amazonで、高額で取引されていて、諦めるしかないのかな。
とも思っていました。

ところが、昨年「あいつ今なにしてる」で、作家の阿川佐知子さんが、
「昔、貸した本を返してほしい。」
と、会いたい人に、リクエストしたところ、何十年もたっていたのに、
無事手元に戻ってきたのを見ました。

私も言ってみようかな。
と、ちょっと勇気をもらいました。
しかし、今は疎遠になって、連絡を取るのは、
年賀状ぐらいしか手段がなかったので、
申し訳ないと思いながら、一言添えてみました。

それで、27年ぶりの再会となったわけです。

彼女にしてみれば、年始早々こんな事を言われて、迷惑だったと思います。
もっと早くに、声を掛けられなかった、自分に落ち度があったと思います。
戻ってきた本は美しく、
自分で、保管していたら、日焼けしていたであろうに、
きれいな状態で、保管していてくださった彼女に感謝しています。

今は、タイムカプセルを開けたような気分です。
昔の本は、字が小さく、よくこんなのを平気でよんでいたな、
と、今の自分は感じますが、メガネかけて、
調子のいいときは裸眼で、読み返しています。





教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
ラベル:
posted by K.K. at 13:07| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする