2020年01月29日

外猫を内猫にしてやりました



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

外猫を内猫に


1月ももうすぐ終わり。
発表会の準備に追われています。

今年は、暖冬という事ですが、気温の差が激しく、体調を崩してしまう人もいるようです。
猫も同じなのか、いつもの年よりは、外も過ごしやすそうだと思ったのですが、
外猫が、体調を崩してしまいました。
先週の水曜日の夜に帰ってきてから、寝床にしている小屋で寝込み、
次の日も、食欲もなく、ずっとこもったまま出てこないので、金曜日に病院に連れて行ったところ、
高熱で、黄疸が出ているといわれました。

数日前から、好き嫌いが激しくなっていたので、
いつものわがままおと思っていたら、
体調が悪く、食欲が落ちていたようです。

こんな状態になっては、もう外に出しているわけにはいきません。
ルルは嫌がりますが、家の中に入れてやる決心をして病院に行きました。
色々な検査をされて、
猫白血病も、猫エイズもかかっていないことがわかり、ほっとしました。

こんなに熱が高いのに、やっぱり野良は強いと感心されましたが、
何よりも、ノミもダニもいないと、驚かれました。
実は、毎年、フロントラインを購入して、夏の間つけていました。
最低限の対策をとっていました。
それが良かったようです。

最初の三日間は、水も受け付けず、薬を飲ませるのも大変でいたが、
昨日から、ミルクと水は飲むようになり、
今日は、カリカリのエサも食べるようになりました。

ルルは、昨日までは、神経質になり、チヤチャの前まで行って、ウー
といって、逃げていき、自分が落ち込んでいましたが、
今日は、お互いに居場所をみつけて、合わないようにしはじめたので、
なんとか、なっています。

しかし、病院代も、半端ではありません。
無責任に、餌をやって、可哀想な野良猫を増やしている方、
どうか自覚をもって、行動してほしいものです。

善意だけでは、これ以上の事は、してやれません。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 21:32| 山口 ☁| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

オンラインレッスンをしてみました



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

オンラインレッスン


今日は、祭日ということで、都合を考え、ZOOMを使い、
オンラインでレッスンをしてみました。
私は、PCでしたが、生徒さんはiphoneでした。

音的には、生の音にはかないませんが、
今日のレッスンの目的は、ちゃんと練習しているかどうか、
間違えた音で弾いていないか。
という事を確かめることが一番でしたので、
問題はありません。

やはり、前の調査で書いたように、初級レベルの曲なら、
機材をそろえなくても、
まったく、問題なく、聞けますし、
間違えて弾いた音もわかり、伝えることもできました。
お互いに出ていく時間も短縮できますし、良い方法だと感じました。

やはり、天候不順なこともありますし、
いざという時、十分活用できるアイテムだという事が、わかりました。

これから先、大人の方など、忙しいけど、
ちょっと弾けるようになりたい。
子供達と一緒にまざって、レッスンを受けに行くのは恥ずかしい。
こっそり、上達したい。
という大人の方には、ぜひこの方法を、お勧めしたいと思います。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 20:21| 山口 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

27年ぶりの本



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

27年ぶりの本


昨日、27年ぶりに友人に、貸していた本が帰ってきました。
とても、嬉しいです。

本を人に貸して、戻ってこない。
という経験は誰にもあると思います。
私も、後、二冊、あります。

が、今回戻ってきた本は、特別思い入れのある本で、
本屋さんで、取り寄せて購入したものでした。
それは、庄司武司先生のエッセーで、講演をきいて、感動し、
購入したものでした。

当時、友人はつらい体験をしたばかりで、少しでも役に立ったらと思って、
お貸ししたのです。
なので余計に、「返して」言いにくく、そのままずるずると歳月が流れました。

年月が流れる中で、あれは、貸したのではなく、差し上げたのだ、
と、思う事もありましたが、もう一度、読んでみたい。
と、思うことがあり、また購入しようにも、もう絶版で、
Amazonで、高額で取引されていて、諦めるしかないのかな。
とも思っていました。

ところが、昨年「あいつ今なにしてる」で、作家の阿川佐知子さんが、
「昔、貸した本を返してほしい。」
と、会いたい人に、リクエストしたところ、何十年もたっていたのに、
無事手元に戻ってきたのを見ました。

私も言ってみようかな。
と、ちょっと勇気をもらいました。
しかし、今は疎遠になって、連絡を取るのは、
年賀状ぐらいしか手段がなかったので、
申し訳ないと思いながら、一言添えてみました。

それで、27年ぶりの再会となったわけです。

彼女にしてみれば、年始早々こんな事を言われて、迷惑だったと思います。
もっと早くに、声を掛けられなかった、自分に落ち度があったと思います。
戻ってきた本は美しく、
自分で、保管していたら、日焼けしていたであろうに、
きれいな状態で、保管していてくださった彼女に感謝しています。

今は、タイムカプセルを開けたような気分です。
昔の本は、字が小さく、よくこんなのを平気でよんでいたな、
と、今の自分は感じますが、メガネかけて、
調子のいいときは裸眼で、読み返しています。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
ラベル:
posted by K.K. at 13:07| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする