2019年11月16日

発表会でぐるぐるピアノをする!



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

発表会でぐるぐるをする!


今度の発表会のアンサンブルでは、
四季の曲を取り上げる。
という事を、以前、書いたのですが、
その中で、ぐるぐるピアノをやろうと思っています。

ぐるぐるピアノというのは、立ったまま、みんなで、一つの曲を
ぐるぐる回りながら弾きつなげていく。
という試みで、これまでぐるぐるピアノ大会を2回行ってきました。

これからも、やっていきたいという思いはありますが、
みんな忙しい。
なかなか集まって弾くことが、困難です。

そこで、一昨年の発表会のアンサンブルの最後の曲を
ぐるぐるピアノ方式で、演奏してみました。
サンサーンスの「動物の謝肉祭」のフィナーレです。

正確には、ぐるぐるピアノ・エレクトーンという形でやりました。

今回も一曲、そのようにしたいと考え、用意しました。

今回は、「クリスマスメドレー」
という形で、みんなで、やってみようと考えています。

どうしても、4月に発表会をするようになって、
クリスマスの曲というのは、発表できなくなっていました。
でも、今回は、「四季」という事で、
思いっきり、「クリスマス」してみようかなと、思っています。

しかし、春先に練習を始めると、浮いている感じになってしまうまで、
練習を始めるなら、「今でしょう!」
という感じで、近々、始めようと思っています。

それまでに、データがどこまで、作れるか。
が、問題ですが、頑張ってみます。



教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 21:04| 山口 ☀| Comment(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

発表会の曲選び



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

発表会の曲選び


久しぶりの更新になりました。
ずっと、発表会の曲を選んだり、楽譜を書いたりしていました。

90パーセントぐらいは、決まったと思います。

曲を選ぶときは、「鶏が先か、卵が先か」状態で、
曲を見ているときに、子供の顔が浮かんできたり、
レッスンをしながら、この子には、この曲を弾かせてみたい。
と、思う事もあります。

このどちらかの場合は、ジャストミートの事が多いです。
まさに。
という感じです。

あれでもない。これでもない。
と、思い始めると、よくありません。


選びながら頭によぎるのは、
この曲だと、すぐ弾けてしまうに違いない。
逆に、これは苦労するかもしれない。

「帯に短したすきに長し」
この状態にははまると、なかなか抜け出せなくなり、
苦しみ始めます。

最終的には、「一か八か」になるのですが、、、

気を付けていることは、
同じ作曲家の曲をたくさんやらない。
多くても二曲。

使いまわしはしない。
○○ちゃんが過去に弾いた曲は、○○ちゃんが卒業するくらいまでは、
使わない。


もう、大きい生徒さんには、楽譜を渡しました。

アンサンブルで、
ひとつ、やってみたい試みがあり、
それを、どう分担するか、しばらく考えたいと、思っています。




今日、大変お世話になった先輩の訃報をしりました。
とてもショックです。
九月の終わりに、気になってメールをしたのですが、
その時は、すでに亡くなられていて、
初七日だったと、わかりました。

ご冥福をお祈りいたします。



教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by K.K. at 20:59| 山口 ☁| Comment(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする