2019年04月24日

発表会のアンサンブルで学べること



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

アンサンブルで学べること


今回のアンサンブルは、市販の楽譜を使いましたが、
半分以上は、もう買えない貴重なものです。
とくに、エレクトーンとピアノの楽譜で、データのないものは、
昔の楽器のものなので、レジストやリズムなど、
考え方が違うので、それを考慮して変えたり、しています。

また、連弾で練習していたけど、エレクトーンとのアンサンブルにしたものもあります。
連弾にするかエレクトーンとアンサンブルにするかは、
メロディーのもつスケールや性質で、
どちらがあっているか。
ということが一番ですが、あとはレッスン環境など、
色々な要素で、変わります。

でも、一番いいと感じるは、連弾を体験することです。
連弾は、自力で何とかしないといけません。
一緒に弾く人がすぐ横にいるということも、とてもいいことです。
相手の鼓動を感じて、自分はどうすればいいのかを考えることはとても大切です。

相手の事を考えて、自分はどの程度の大きさで弾いた方がいいのか、
合わせの息継ぎはどうか、みんな自分で考えて、
行動しないといけません。
それがとても良い勉強です。
「自分で考えて、解決する。」能力を養えます。
音楽的にも、人間的でも、大切なことを学べます。

エレクトーンは、リズムがなって、大体いつも等速で、
音の大きさも勝手にやってくれて、楽ちんで、
それでいて、音色が変わったり、効果音がなったり、
いいように見せてくれ、表向きをつくろうのには向いています。

使い方によれば、変わってきますが、
売ってあるデータは、ほとんど、そうなっています。
そればかりやっていては、成長出来ないと感じます。

例えば「トルコ行進曲」を一緒に弾いた男の子は、
不器用で、一曲弾けるようになるのにとても時間がかかります。
でも、私とこの曲を練習していた時、
ほんの少しソフトに弾いてみたり、変化をつけて弾くと、
感じ取って、自分もそれに合わせて弾いていました。
こんなちょっとの変化でも、わかる。
「えらい。えらい。」いつも思っていました。

ぎりぎりまで、連弾てやっていて、エレクトーンとのアンサンブルに
変えた曲もあります。
それは、頑張ってメロディーを出そうとするのですが、
今の段階では、速くひきながら大きい音を出すことが難しい。
これ以上やると、たたいて汚い音になる。
と、判断したからです。

でも、最初からエレクトーンに座らせないで、
ぎりぎりまで、努力させたことは、良かったと
思っています。
この子のためには、必要な努力だったと思います。

当日急にエレクトーンにした「メヌエット」
の小さい子も、練習過程で、だんだんおかしくなってしまい、
仕方がなくエレクトーンに頼りましたが、ぎりぎりまで、自分で頑張ったことは、
良かったと思います。

やはり何が大切なのか考え、
そこから作られていく、人間性とか、勉強になるものを残してあげたいと、
考えています。




教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by K.K. at 12:00| 山口 ☁| Comment(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発表会が終わりました



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

発表会がおわりました


発表会が無事終わりました。
昨日は、さすがにきつく、ちょっと片付けては横になり、
また片付けるという感じでした。

発表会が終わったら、病院に行こうと思っていたのですが、
さすがに、出歩けませんでした。
やはり、病院は、元気でないといけません。。。
おかしな話ですが。


今年は、インフルエンザの影響があまりなかったので、
本当に助かりました。
おかけで、まあまあ、準備できたと思います。

当日、具合が悪かったという人もいて、
実力が出し切れなかった人もいましたが、
みんな頑張ったと思います。

細かい反省なり、それぞれがして、また次に生かせればよいかな。
と思います。
やはり、癖なんですよね。

ぎりぎりになるまでやらない。
とか、
何度、注意されても、同じ間違いを繰り返す。
とか、
緊張すると、こういうミスをする。
などなと。
人は、いろんな癖を持っていて。
それに気が付く、チャンスなんです。
人前というのは、
だから逃げないで、挑戦すると、人生の教訓となって、
他の生活の中でも生かせる。
と、思うのです。

また、悪いくせ。
というのは、自分で何とかしないと。
と思わないと、人から言われても直らないので、
悔しい思いをすると、何とかしなければと、ちょっとは思うでしょうから。
そのことに、気が付くチャンスなんです。

たとえ、子供でも、そうです。
そうやって、気が付いていかないと、いけないと思うのです。


子供だから、子供子供した曲しかわからないだろう。
と、思うのは、間違いだし、
それと同じぐらい、子供扱いは、いけない。
と、思います。





教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by K.K. at 00:01| 山口 ☔| Comment(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

いよいよ発表会



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

いよいよです


あと数分て、当日です。
まあ、苦しいといえば苦しい。
そう思いながら、毎年、この日を迎えます。

こういう、大きなイベントが開けるのも、
保護者の方の理解と、本人たちの努力があってからこそ。

そして、手助けしてくださる方々の力。
本当に感謝します。

よろしくお願いします。






教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by K.K. at 23:59| 山口 | Comment(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする