2019年01月29日

ピアノコンクールを終えて



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

ピアノコンクール 2


コンクールの結果がでました。
中学生が銅賞をもらいました。
しかし、これは喜ばしい結果ではありません。
もっと上を狙える実力を持っている子です。
実は、本番で、大きな失敗をして流れをとめてしまいました。
スケートで言うと、トリプルアクセルを飛ぼうとして、
転倒してしまったくらいの失敗でした。
こんな失敗はしたことは一度もなかっただけに、本人も私も、
すごいショックを受けました。

昨日レッスンをしてみて、その原因が分かった気がしました。
指練習を怠っていたのです。
コンクール前日、うちでレッスンしたとき、音が悪いからどうしたんだろうと
思ったのですが、そういう事かと思いました。
たった、二三日でも、変わるものです。
試験があったりして、忙しくそこまでやっている暇がなかったのでしょう。
仕方がありません。

コンクールが終わってから、どうやって慰めようかと悩み、
気分転換に、発表会の曲を一曲変えてみようかな。
と、新しい楽譜を持って、レッスンに向かいました。
そして、本人に聞いてみると、
コンクールの曲は、リベンジで弾きたい。
とても気に入っている、でも新しい曲も弾きたい。
弾きたいのがたくさんで、困ったな。という感じでした。

そうか。
嫌になってないんだ。
ああいう曲でも、好きになっていてくれたんだ。
と、感心して帰ると、
お母さんから、うちに帰って、気持ちを入れ替えて、もう練習しています。
という、メールをいただきました。

なんていい子に育ったんだろうと、
自分の小ささに、気が付かされ、反省。
賞より大切なものをもらった気がしています。

小学生の子のお母さんとも、やり取りをしました。
今回は、音楽やピアノに向かう姿勢が、出来ていなかったと思うのです。
でも、これがきっかけで、努力する大切さをしり、
頑張ってやりきる気持ちが芽生えて来てくれたら、これほど嬉しいことはありません。
元々、とてもいい子です。
きっと、気づいてくれると信じています。
これが、コンクールに出る大切な要素だと思います。
今回は二人から、大きなプレゼントをもらったと思います。


教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 14:00| 山口 ☁| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

明日はピアノコンクールです その2



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

ピアノコンクール 2


コンクールに参加するもう1人は、小学五年生の女子です。
五六年の部になると課題曲が難しくなるので、やめた方がいいと言ったのですが、
本人が頑張ると言うので、それなら応援しようね。と、曲を渡しました。
でも、どうも練習が、いまいちです。

途中で嫌になって頑張れない。
と言うので、二回に分けて練習したら、とアドバイスししました。
しかし約束が守れず、三日坊主になっしまいます。
間違っている。といったところも、何度言っても直りません。
嫌なら出なくてもいいのよ。と言うと、嫌だといいます。
しかし、相変わらず、練習不足で、変わりません。
そんなことを何度も繰り返しました。

変化が見られないうちに、1月に入ってしまったので、
仕方なくお母さんに、ちゃんと言われたように練習しているか、
確認してみてくださいとお願いすると、してなくて、
お父さんにしかられて、暗い顔で、現れたのでた。

ずっと、怒られた。という顔で弾いているので、
あなたは、しかられたから練習するのって聞くと、首を横に振っていました。
上手になりたいから、練習するんでしょ。と、もう一度確認。
そこから少し変わった気がします。

今回の事で、一番感じたのは根気のなさ。
やはり現代っ子は、出来ないとすぐに諦めてしまう。
悔しくて出来るまで頑張る。という姿勢は難しいのかな。
上手になりたいけど苦労はしたくない。
そういう感じなのかもしれないとも思いました。
まだ幼いのかもしれません。

ぎりぎりになるまで、頑張らなかったので、明日はどうなることか。
でも、ちょっとでも、根性が、芽生えてきたなら、
この子は、出ることに意義があったのだと、思います。


コンクールは、ピアノの技術だけのために参加するのではない。
と、改めて、感じるでした。


教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 22:23| 山口 ☁| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は、ピアノコンクールです その1



5000円から始めるピアノ下関ピアノ・エレクトーン教室

ピアノコンクール 1


いよいよい明日、ピアノコンクールです。
今年は二人出ますが、ここまで来るのに、本当に大変だったなと思います。
一人は、中学生。
去年は直前に指を骨折して出られませんでした。
小学生の時からの挑戦で、三度目。一度は広島にも行きました。
たぶんこれが最後のチャンスです。
これまでの中で、一番良い出来になっていると思います。
が、問題が起きました。
なんと、この日に予定が三つも重なってしまったのです。
英検と吹奏楽のコンクール、そしてピアノコンクール。
こうなるとどうしても、優先順位が、ピアノは低くなってしまいます。
保護者の方も、出なくていいといい、初めは本人も諦めていました。
しかし、すでにその時、ほとんど曲は仕上がっており、
どう考えても、諦めるのはもったいない感じでした。
本人も、しょんぼりしていましたが、最後まで、絶対に諦めないように励ましながら、
申し込みだけして、予定を調整したり、時間がずれてくれることを祈りました。

結果、全部、予定をクリアできることになったのです。
本人は今日まで、大変忙しい思いをしたでしょう。
しかし、全部ちゃんとこなすだけの根性を身に着けてきたのです。
コンクールに参加してきたことで、技術面の上達はもちろんですが、
我慢強く、頑張れる力が身についたと、感じました。
今は、曲の事を、アドバイスしても、忘れないでちゃんと注意して直す
学ぶ姿勢が身についています。
学習意欲があり、勉強も同じようにこなすでしょう。

彼女はこれから先、どんな困難にぶつかっても、
乗り越えていくことができると思います。

お正月に就職が決まったと報告してくれた卒業生も、
そのことに気が付いていたのだと思います。
これが、ピアノを長く続けられる生徒さんが得る最大の力だと思います。

明日の結果は、わかりませんが、どんな結果が出ても、
たくさん褒めてあげたいと思います。



教室のホームページは、こちらから。
ピアノ・エレクトーンの体験レッスンも、
下記で受け付けています。
LETTLEピアノ・エレクトーン教室下関
posted by K.K. at 22:16| 山口 ☁| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする